ナースハローワーク求人【大阪・関西圏版】これで転職成功!

ナースの職探しってどうするの?

 

転職や復職をお考えのナースの皆さん。求人情報はどのように探そうとお考えでしょうか?

 

ハローワークやナースバンクを利用した就職活動が今まで最も一般的でした。しかし最近転職に成功している看護師の方はちょっと違ってきているようです。

 

最近急増中の看護師の転職成功者、その共通のポイントは民間が運営する『転職エージェント』を利用していると言う事。

 

「え?転職エージェントって何?」「高いお金を取られるんじゃ…」

 

そんな疑問を持たれる方もおられるかも知れませんね。

 

当サイトではハローワークやナースバンクの使い方から、『転職エージェント』との違いやメリット・デメリットなどをまとめています。

 

各サービスを利用する前に是非お確認下さい。

看護師の転職、それぞれの違いを知ろう

 

看護師が転職する際、まずはどういった方法で転職先を探すでしょうか?

 

まずは、求人雑誌や新聞広告といったもので求人情報を集めたり、ハローワークへ行ってみる、または看護師なので看護協会へ相談するといったことが考えられます。求人誌などでは個人で調べられますが、転職を支援してくれるようなサービスならば、ハローワークと日本看護協会とナース転職活動支援サービスの3つのサービスについて、違いを知っておくとよいでしょう。

 

幅広い職業支援のハローワーク

職業を探すとなると、一般的なのはハローワークですが、もちろん看護師専門の職業斡旋ではないので、職員の方々には看護師の職業について詳しい訳ではありません。普通の人も利用するため、混んでいますし、職員もアルバイトや正職員ではない方の場合が多いようです。

 

日本中にナースバンクを持つ日本看護協会

日本看護協会は、全国47都道府県にナースバンクを備えています。しかし、最近の若い人は協会へ登録している人が少なくなってきたようです。看護師ならではの相談をするのなら心強いのですが、転職に関してはプロとではありませんし、条件のいい求人を見つけるのなら、あまり期待はしない方がいいかも知れません。

 

民間のサポートなら

ナース転職活動支援サービスは、民間ですが無料でサービスを提供してくれます。こちらは、看護師についても詳しいですし、転職のプロでもあります。非公開求人も抱えているので、登録すればいい条件の求人に出会えるかも知れません。ハローワークや日本看護協会を利用しながら、こちらも併せて使うという方法もあります。

 

○最近の転職状況をまとめると○

この頃は看護師が仕事を探す場合、公共機関を利用する人よりも、看護師転職サイトを利用する人が多くなりました。

 

看護師が転職する場合、求人情報を探したりする時間を取るのも大変ですが、忙しい中でも、インターネットからだと24時間いつでも、ちょっとした隙間時間を利用して求人情報をチェックすることができますし、検索機能を使えば、自分が探している求人を見つけやすいというメリットがあります。

 

絞り込み検索機能ならば、さらにエリアや勤務条件に合った仕事が見つけやすくなります。

 

また、看護師転職サイトでは好条件の非公式求人もありますし、看護師にも詳しく、転職のプロでもあるエージェントが、転職に関する相談にも載ってくれますし、プロから見たアドバイスを得る事も出来ます。


このページの先頭へ戻る